お知らせ

再確認!「年次有給休暇管理簿」……働き方改革の推進(2021/1/10)

皆さん、すでに実施していることとは思いますが、年5日の年次有給休暇を労働者に取得させることが使用者の義務になっています。

年次有給休暇が10日以上付与される労働者に対して、労働者ごとに、年次有給休暇を付与した日(基準日)から1年以内に5日について、取得時季を指定して年次有給休暇を取得させなければなりません。

そして、1)時季[年次有給休暇を取得した日付]、2)日数[基準日から1年以内の期間における年次有給休暇取得日数]及び3)基準日[年次有給休暇を付与した日]を労働者ごとに明らかにした書類(年次有給休暇管理簿)を作成し、当該年次有給休暇を与えた期間中及び当該期間の満了後3年間保存しなければなりません。

間違いなく実施できていますか? 1)の“時季”については、年次有給休暇を取得した“日付”です。“日数”ではありませんのでご注意ください。
このページのトップへ